スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ある、メンタルセミナーにて。
ここでは講演の概略とポイントを述べたいと思う。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

Z精神神経科病院臨床心理士・@先生は
EAP(Employee Assistance Proguram:従業員援助プログラム)といいうものを行っている。
従業員を退職させるより、治療を受けさせて復職させた方が損失は少ないという趣旨の下、EAPが存在する。
このEAPは企業の福利厚生に該当するサービスで今、
先生の下には2施設の介護・福祉関係を受け持っているそうだ。
概要は
企業ごとにEメール番号を与え、
24時間以内に受付、48時間以内に返信するというもので、
電話相談もフリーダイヤルで行い、
必要であれば予約をとり実費ではあるがカウンセリングも受け付けているそうだ。
先生の実感として
介護・福祉関係の仕事に従事する人は我慢強い方が多く、
どうしようも無くなってから、バーンアウト(燃え尽きる)する直前に・バーンアウトしてから、
先生の下に訪れることが多いとのことである。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ストレスの原因を見つけることが出来れば、
そこにアプローチすることにより対処することが出来、
またストレッサー自体を取り除ききれなくとも、
それを軽減することは可能である。

近年、NIOSH職業性ストレスモデルというものが注目されている。
そのモデルにおいて、いくつものカテゴリーがあるが、
その中で「急性期のストレス反応」が進むと
「疾病」に行き着くということになる。
ただ、急性期のストレス反応から
疾病に到るまでの間に進行を止めることが重要であり、
その進行を止めるために
「緩衝要因(上司・同僚・家族)」の存在が重要となってくる。
企業組織においては
上司の存在が重要で部下の状態・タイプを良く見極めリーダーとして、
いかに立ち回れるかが重要となってくるのであろう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

うつ病は
近年「心の風邪」だと言われる風潮が強くあるが、
なぜ心の風邪かと言われるのかは、
風邪と同様に初期治療をしっかり行うと酷くならず、
こじらせてしまうと対処が難しくなるからである。
うつ病は
本人が弱いからだという精神論的な偏見を持つ人が未だに多いわけであるが
うつ病は病気であり、
うつ病になると脳内の神経伝達物質(ドーパミン等)の働きが悪くなる病気であり、
神経伝達物質の不足・循環が悪くなるので
頑張りたくっても頑張れなくなり無理が出来ない病気なのである。
うつ病になりやすい性格+過剰ストレスにより、うつ病になりやすい。
うつ病になりやすい性格とは
几帳面・正直・責任感が強い・仕事熱心などが挙げられ、
また過剰ストレスになるストレス要因としては
①作業負担(量と質)
②仕事上の役割
③職場の人間関係
④家庭生活上の葛藤などが挙げられる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ストレスと言っても
必ずしも悪いことばかりがストレッサーとなるわけではなく
一般に良いことであっても、
それがむしろプレッシャーとなり、
それがストレッサーとなるような場合もある。
例えば
仕事上であれば昇進、家庭であれば出産などがこれに該当するであろう。
ここで「ホームズとラーエ」の「ストレス指数」という指標を挙げておく。
この指標は約50年前の分類であるが
ストレスを数値化するという画期的な分類で、
今でもメジャーな分類である。
この分類では
年齢と共に役割・環境が変わり、
それぞれストレスを数値化しておりに2年間の内に合計200点以上が過剰ストレスであるとされる。
特に点数が高いものを列挙すると
結婚(50)、出産(40)、退職(45)、離婚(70)、
自分の病気(53)、親の死(63)、配偶者の死(100)などであろう。
列挙をするときりがないが、
その他にも、点数化されているものが山ほどある。
ただ、
これは1つの指標にしか過ぎず、
ストレスの感じ方は人それぞれ違うという前提を忘れてはならないだろう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 エゴグラムという質問紙法で質問に答えていき最後にそれを集計し
点数化したものをCP・NP・A・FC・ACの順に
点数を基に点を打って行きグラフにし、
グラフから各自我状態の強弱・性格の傾向を知ることが出来るものがある。
このエゴグラムは、
そのときの状態を表すものであるので、
そのときの状態によって違うこともあり、
また継続的に行うことにより、
自己の変化・成長を見るのに良いと考えられる。
ただ、
あくまで個人の主観によるものえあるので、
その人を良く知る人にも、
その人の評価をエゴグラムを行ってみるとなお良いとも考えられるだろう。
 エゴグラムの解説として
CP「~しなければならない(父親的)」、
NP「優しい私」(母親的)、
A「冷静な判断力」(大人)、
FC「自由奔放で思ったことが言える」(やんちゃな子)、
AC「人に合わせる協調性」(いい子)と考えれば良いだろう。
 エゴグラムの結果は、
一番低い自我(弱点)を上げることに役立てることが良い。
例えば
CPが低い人には自分の意見をはっきり言ってみると言うトレーニングを、
NPが低い人には、そうだねと相槌を打ったりするトレーニングを、
Aが低い人には新聞を読んだり日記を書いてみるトレーニングを、
FCが低い人には趣味や夢をもつトレーニングを、
ACが低い人には他人の意見を黙って聴こうというトレーニングをと、
このようなことを行い少しずつ
そのエゴを上げるということが良いとされる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 ストレスケアの対処方としては、
まずストレスを体外に吐き出すと言うことが基本となる。
その例は愚痴を言ったり、
身体を動かしたり、
カラオケなどで歌うなどが良いだろう。
 職場環境を変えるということも重要なストレスを軽減させる要因になる。
特に介護・福祉の詰め所などは物が多くあり、あまりスペースがない。
その物を少なくすることで気持ちをリラックスしやすくさせ、
またパーソナルスペースを守るということにも繋がる。
そして温熱環境を整えるということも意外に大事であるとされる。
冷暖房の風が直接当たる場所に居る人と、そうでない人とでは感じ方が、まるで違う。
そのことを緩和するために扇風機等で空気の循環を良くすることも重要である。
 また介護職の人はトイレに行くことも我慢しなければいけない場面が多いが、
せめてトイレくらいのんびりと行き、そこでリラックスしきり、
またトイレから出たら頑張るという
緩急をつけるということも大事だということだ。
 とにかくスイッチを入れ替える作業を上手くできると良いようで
ON・OFFの切り替えが重要である。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 いろいろなタイプの人がいるが、
その人にあったストレス解消法を見つけることが一番であろう。
 信頼できる人に愚痴をこぼしたり、
よく頑張ったと自分を評価することに向く人が居れば、
支援してくれる人に相談し問題解決に直接向かい合うことが向いている人もいる。
 とにかくストレスを軽減する方法は、たくさんある。
呼吸法・イメージ法・筋弛緩法・音楽療法・自律訓練法にしても、そうであるし、
カウンセリングをすることも良いが趣味に没頭することも良い。
 いろいろなストレスを軽減する方法があり、
それを知ること、
そしてストレスをうまく体外に吐き出すことが上手になることが、
うつにならずに仕事を上手に行っていくコツであると考えられる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


う~ん・・・グダグダレポートでした・・・





バニラ 橘いずみ

なつかすぃ~w
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

【2008/07/22 23:05】 | 欝だっつーの! | トラックバック(2) | コメント(2)
簡単に頑張れって言いすぎな風潮。
頑張る事は必要です。

頑張る事は素晴らしいです。

本当に
そう思います。


ただ
頑張れない人に
頑張れって言うのは
極力避けてあげてください。


頑張れっていう言葉の代わりに
その人が
頑張る事が出来る土壌を創ってあげてください。

自分自身の事だけで
一杯一杯な事は
重々承知しておりますが、
そうでなければ
頑張れなんて
安易に言わないでくださいな。


頑張っていても
駄目な人もいます。

きっと
そんな人(俺も含みますが)は
その状況に適してない
やり方を行っているのでしょう。

その場合は
頑張れって言うのではなくって
うまく行くようなアドバイスをしてあげてください。


必ずしも
こうすればいいというものでなく
何も言わずに側にいてあげること
少し離れたところから、
見ていてあげることも必要だと思います。


動けば変わるって言う人も多いです。
もちろん
動く事で物事が変わることも多いでしょう。

ただ
動かないからこそ変わること
動かないからこそ分かる事もあります。


特に
はまっている人
うまくいっていない人
疲れきっている人に
頑張れとせかしたところで
ろくなことにならない場合が多いです。




それでも
やはり
頑張る事は
必要だと思います。


ただ
単に頑張れといわれても
相手を追い込むだけな場合も
結構多いんですよねぇって
強く感じます。


まぁ
どんな時であろうとも
やるときゃやらにゃ駄目なんですけどね。


ただ
頑張ればいい的な風潮って
苦手ざんす。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

【2007/12/28 16:39】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(6)
移りやすいです。(加筆、そして主観強し)
狂気と欝の類は。

この類のモノにヤラレテルヒトは
早めに
対処してくださいませ。
1人だけで対処して
さらに
症状を加速させませぬように。
信頼でき
頼れるヒトには
頼ってください。
可能なら1人だけに頼らない方が賢いです。
1人だけに頼ると
そのヒトへの
負担がかかりすぎて
共倒れになりかねませんので。


で、
心療内科
もしくは
精神科の受診も
ポジティブに行う方が良いかと思います。

ただ、
ドクターとの相性もありますので
いくつかの病院に行ってみて
その上で
ドクターを決定する方がいいかもしれません。


使えるモノは
何でも使って
とっとと
楽になりましょう。


必ずしも治さなくってもいいかもしれません。
治せるモノは治せばいいのでしょうけど
それと共存し、
折り合いをつけつつ
社会生活を送っているヒトも
たくさんいますよ。


このクソッタレな世の中です。
ある意味で
狂気や
欝傾向に走ることは
当然といえば当然かもしれません。

誰もが
狂気、
欝に呑み込まれる可能性があります。

要は程度の問題だと思います。
狂気、
欝があろうとも
社会生活が送れることが出来れば
それは、それでいいわけで。


大変なのは
問題を抱えているのは
自分だけじゃありません。

まぁ
しんどさ、
辛さは
主観的要素が強いので
ヒトと比較しても
仕方がないというか
比較しようが
その本人が
苦しければ
どうしようもなかったりもするんですが。

休息し
趣味に没頭することも
必要ですが
ヒトの意見を聴く耳を持ちましょう。

外に出て行きましょう。

深呼吸をし、
空を見上げ、
大地を踏みしめ、
季節を感じましょう。

とにかく
焦らず、
一喜一憂しすぎず
極端なことをしすぎず
まいりましょう。

まぁ
ボチボチ
適当にね♪

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
あと
この類のモノにヤラレテルヒトの
身近にいるヒトも
要注意です。

半端に関わらないようにしてください。
関わるつもりなら
関わり続けるという覚悟をして
関わらないと
自分にも
移りやすいですし、
そのヒトの症状を助長させるだけですので、
気をつけてください。

で、
可能なら
複数のヒトと連携して
そのヒトをフォローしてあげてください。
複数のヒトが
好き勝手、
違うことばっかり言ってると
本人が、
どうしていいのか分からなくなる可能性が高いです。



関わるつもりの方は
気長に付き合ってあげてください。

自分の役割を
きちんと
見つける方が
サポートしやすいと思います。
知人なら知人として
友達なら友達として
恋人なら恋人として
親族なら親族として
その役割を全うすれば
いいのかなぁって思ったりします。

この類のモノは
一朝一夕に
結果が出ない可能性が高いです。

とにかく
待てるなら
待ってあげてください。


適切な対処法は
そのヒトゴトに違うでしょうし、
どちらにしても
気長に考えましょう。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

んで、
俺は
鬱々した気分を吹き飛ばすために
予定を変更し
大好きなフランクフルトを喰らいながら
10-FEETとエルレを爆音で聴き倒すつもりでしたが
10-FEETのPVが見つからないので
今は、
その代わり
クレバとドラゴン・アッシュを聴いてます。

音楽って素晴らしいっす♪

そして
何か文章を書いてると落ち着くんだね、これが。

下手の横好きなんですけど。


ただ、
今の第一優先は
そこじゃなく
ヘルパー2級と
福祉住環境2級の勉強なんです。


後悔は
後悔し尽したほどした気がするけど
今、
やれることを
やっとかないと
やっぱり後悔すんだろうなぁ。


秘かに
アッパーな
気分になってました。

うっし、
ヤルベシ・ヤルベシ
ウツベシ・ウツベシ。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

【2007/11/12 17:50】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(8)
精神領域について。
結構回りのヒトで勘違いしてる
つーか、偏見に満ち満ちてるヒトがいますが、
根性論だけじゃ精神領域の問題を解決できないことが多いです。

行動療法的に
行動することで
全てが変わるなんて安直な考えのヒトも多いですけど、
行動すれば、動けば全てが変わるのか?っていうと
そうじゃないケースも多いですよ。

未来を見据えて、
今後の戦略を練るために
行動しない、動かないことも
ある意味で
行動していること、動いていることに繋がります。


ダメなときは
ダメなんですよね。

んで、
ダメなときに
がむしゃらに行動すると
ろくなことがなくて
負の循環へを誘われることが多いです。


とにかく
しんどいときは
休む、飯を喰う、寝る、
信用できるヒトに話を聴いてもらう・・・

とにかく、
一端、休憩して
頭を冷やす方が賢明なことが多いです。

そのヒトの行き方ですから、
自分の生きたいように生きて逝ったら本望なのかもしれませんが
残される方は、いい迷惑です。

残された方は無限地獄を彷徨うんですよ。

まぁ追い詰められすぎると
自分がしんどいとしか
感じなくなるんでしょうが、
そうなる前に手を打つべきです。

心療内科医、
精神科医、
臨床心理士、
カウンセラー、
その他にも
類似する資格をもった専門職の方々がいますが
それらを有効利用してください。

ただ、
それぞれの先生方に
得意分野や、
癖、
相性がありますんで、
見極めてください。

最初行って感じが悪かったから
行くのを止めたとかは
お勧めではありません。

数回行ってみて、
合う合わないを決めてくださいな。

向こうもクライアントのことを探っている状態ですから、
すぐに結果が出ないことが多いです。

素人判断で、通わなくなるのも良くないです。

薬の相性もありますしね。

今どき
薬漬けにするアホなドクターなんていませんよ。

大概の場合、副作用が出にくい上限まで出すのが普通です。

極度に危ない状態でしたら
事情が変わるでしょうが
早め早めが吉ですよ。


あと、何もする気がなければ
ビリーでもやってってください。

身体を動かすと、
気分的にも大分変わってきますしね。

ビリー隊長のお気楽な
DVDでも見て、心も身体も
すっきりしたってください。


あいかわらず、
俺の周りには
生きてんのか、死んでんのか
良く分からないヒトや、
腐ってるヒトがいるんですが、
とにかく
生きとけ。

以上っす。

さて、早寝します。

明日は早起きです。

殺傷事件にならないように
気をつけて帰ってきまふ♪

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

【2007/09/23 20:07】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(11)
嘘をつく。
七夕ですが、実習生の俺には
全く関係ございませんw

彼女とも最近別れ、
実習先の
患者さんの女の子(15歳)に
慰められたりって日々ですw


次は
メガネ・眼鏡・めがねの
大人の女のヒトがいいなぁ・・・

まぁしばらく恋愛してる余裕なんてないんですけど・・・


そして今日
今週が終わったので
浴びるほど
酒を呑み
レポートに励むのですわ。

さっき、ばあちゃんに
電話しました。

最近朝から晩まで
実習ばっかで
ろくに電話できませんでしたからね。

んで、俺は元気よ♪って
嘘をつきました。

無駄に心配させても仕方ないのでね。

まぁ眠いし、
かなりギリギリだすけど・・・

ヒトは
嘘をつくイキモノだなぁって
実感中ですw


嘘をつくことは
生きていく上で
ある意味必要ですが
あんまり嘘を、つきたくねぇなぁ。


あと、周りの死にそうなヒトへ:
とにかく死なないように♪
寝なさい♪
寝ることが一番の精神安定剤daze♪
これは嘘じゃないっす♪


さて、勉強すっかなぁ♪
今、芋ロックで呑んでっけどw


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

【2007/07/07 18:35】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(16)
美しいモノ
昨日も寝れなくて
そして
今日も寝れなくて、
やさぐれてましたが
部屋への帰り道で、
暗闇に光を見つけました。

蛍です。

綺麗でしたけど、
独りで寂しげでもありました・・・

それでも俺は
彼に会えて嬉しかったです。

しんどくても
美しいモノを見て
美しいって感じれる間は
大丈夫なんだろうなぁって想います。

よし。

今日はシモネタなしw
【2007/06/18 22:54】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(2)
犯罪者の脳。
昨日は、ブログ更新しませんでしたわ。
まぁ俺がブログを更新しようがしまいがテポドンは発射されるわけで・・・。

力が欲しいですね。テポドンといったクソッタレな武力じゃなくて、知力が欲しいダス。


俺のアホな脳が考えることは、

あ、きっと犯罪者の心理ってこんな感じなんやろうな。

てことばかりですわ。

いかんねぇ。

不健全ですなぁ。

きっと俺は犯罪者の脳ってヤツを持ってる気がする。

ただ犯罪者の脳を持っているヒト全てが犯罪を起こすわけでもないですし。

犯罪者の脳を持っているヒトでも学者さんになられてるヒトもいますからね。

要は、いかに理性を保つかが大事なんでしょうな。

つーか、俺、基本慢性的欝で抑制外れがちなんで危険分子ですが、日のあたる場所で生きていきたいものですわ。

ダルダルですが、まぁボチボチやります。
しんどいのは俺だけじゃないですからね。


お客さんは無理なく過ごしてくっさいな♪


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【2006/07/06 21:32】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(6)
前へ進みましょう♪
こんちゃ♪

え~と、前回のアイニツイテの補足をしておくと、俺の友人こと氷雨さんはNGO的な考え方の持ち主です。

俺が尊敬しているヒトとして前田しぶきさんを挙げておりますが、氷雨さんも前田しぶきさんに関わりのある方です。

氷雨さんのおっしゃる愛とは、基本、与える愛が土台となっています。
いろいろなモノ、全てのモノを守り、全てのモノが繋がっているんだよ♪
という考えが根本にあるのが氷雨さんというヒトです。


もちろん、昨日、俺が書き込んだ愛は、氷雨さんの言う愛の、一つの側面でしかありません。

それを分かっていながら前回は、その一面についてしか触れませんでした。その理由は、その方が、お客さんの食いつきがいいやろうなと想ったからです。

氷雨さんのいうNGO的な愛については、別の機会に設けるつもりでしたし、また時間に余裕のあるときに触れますね♪


話は変わって、最近俺は、かなり欝欝してま~す♪
実習だっつーのに・・・。

それでもカメ並のスピードでもいいので前へ進んでいこうと想います。
ときには甲羅の中に身を隠し、休みながらも、急がないとね。

でも欝のときに頑張りすぎても、空回りが多いので、やはり休息が必要ですよね。休息つーか潤いですけど。

欝は、なんぎなモノですが、欝も俺の一部なんで、欝とも折り合いをつけて日々過ごしていけないとね。

今日の俺は「いつから俺ってこんなに弱くなった?」って想うくらいの思考ですが、それでも今できる最善の方法をとらないとね。

お客さんも、いろいろあると想いますが、一緒に一つ一つ乗り越えて行きましょうね♪

きっと諦めさえしなければ、活路が見出せるはずだと想います♪

つーことで、また♪





テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【2006/06/01 09:30】 | 欝だっつーの! | トラックバック(0) | コメント(2)
ぐてん・ぐでん・るてん


おでんくんとは無関係です。

プロフィール

ゲンザイ@ボーダー

Author:ゲンザイ@ボーダー
洗濯バサミで全てを繋ぐ事が出来ればいいなぁっと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

迷子の魂

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。